2016年08月05日

タイムラプス

IMG_5047.jpg

約2か月ぶりの更新
あれからドイツへ飛び、念願のHalleでロジャに手が届くところまで近づくことができ、ベルリンでソファを購入、ムスコがいるミュンヘンに立ち寄り香港へ。
めでたく誕生日(永遠の28歳)を迎え、引っ越しの残り分のお片付けをしたり、ダンナや友人たちと飲んだくれてたら、あっという間に7月もわずかってなっちゃって、実家へ。
本当は母と二人で北海道新幹線で函館に行くはずが、直前に母が帯状疱疹を患ってしまい、泣く泣くキャンセル。
結局、友人たちと飽食の日々。
「見るだけ」だったねぷたも、いてもたってもいられず参加。やーやどー
台風をうま〜くよけて香港へ戻り、昨日はムスコの21歳の誕生日、今日は私らの22回目の結婚記念日。

・・・とまあ、こんな2か月でしたよ。
そうこうしてるうちに、14日から家族旅行で某所へ出かけちゃう。
帰ってくると9月で、日々に追われて2016年も終わっちまうという事態になりかねない。
もっと一日一日を大事にしないといけないね。

さて、今夜はとーちゃんと22周年記念ディナー。
美しいお寿司でお祝いだー

IMG_4811.jpg




posted by やすぞう at 10:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

野望

IMG_3424.jpg

少なくとも年に1度は行くドイツ。
でもなかなか6月に行く機会はなかった。
今回は、ダンナの出張とムスメの引っ越しを兼ねるという複合計画。
まずダンナと私が今夜飛んで、ダンナの実家のあるOffenburgへ行き、数日お義姉さんちにステイ。
14日からHeidelberg近郊にある本社で、ダンナが仕事するってんで、私は一人でベルリンへ。

この日程が本決まりになったのが、数日前。
私の心のある野望に火がついた・・・。
Gerry Weber Openやってるぢゃないか。
わがロジャのWimbledon前のウォームアップトーナメントである。
ファンなら、一度は詣でたいっ

SFやファイナルのある土日はチケットも取りにくいだろうし、宿泊が厳しいと思ったので、ロジャに会える確率の高い15、16日にターゲットを定める。
トーナメントのチケット自体は簡単に取れた
次は宿泊。
ここで私の目論見の甘さを痛感するハメに(泣

まずHalleのホテルで検索したところ、なんだか様子がおかしい。
だいたいHalleってどこよ???

なんとドイツにHalleは2か所ある。がーん😨
最初にヒットしたのがHalle(Saale)で、でっきりそこだと思ってたら、トーナメントのあるとこはHalle Westfalenの方。
前者は旧東でライプチヒの近く。後者旧西でミュンスターとかドルトムンド方面。
全然違うじゃん。
(実はドイツあるある。かの有名なフランクフルトも2か所ある)

仕切り直しで再びホテル探し。
スタジアムのすぐそばにあるホテルは当然満室。
しかも周りにはなんもなーい。
それでもどうにか隣街のギュータースローってとこに見つけた。
そこからスタジアムまで電車で40分くらいであろうか・・・

イメージとして、柏村に12000人収容できるテニススタジアムが忽然と現れ、年に一度、庭球神フェデラーが降臨。
参拝に押し掛ける信者たちの宿泊施設は柏村にじゅうぶんあるわけもなく、周辺の五所川原、弘前へと余儀なくされ、ご尊顔を拝むために1時間弱の道のりを五体投地で進むのである、的な

いまいち不安だけど、もう後には引けぬ。
至近距離でロジャのゲームを見る最後のチャンスかもしれないし。
待っててね、ロジャいざ参る。
IMG_3419.jpg
(写真は今週やってるシュツッツガルトのセンターコート)

posted by やすぞう at 10:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

濡れ衣

LKSW4404.jpg
(新居からの夕焼け)

昨夜は久々にムスメと3人で食事。
まだうちにいるはずのムスメだけど、卒業式以来まともに顔を合わせた記憶がない。
残り少ない香港ライフを謳歌して、家には寝に帰ってくるのみ
そういうお年頃だやねえ。

よく行くスパニッシュレストランで食事した後、その向かいにあるバーへ。
ダンナが「これはムスメだって見せに行かないと」。
なんのこっちゃと思ったら、どうもトシのうんと離れた若いねーちゃんを連れ歩くエロおやぢと見られているらしい。

私がいない時、ヤツらふたりは行く先々で誤解されてるようで。
レストランでハート型に盛り付けられたデザートが出てきたり、ムスメがオンナ友達とバーに行ったら「今日はBFといっしょじゃないの?」と聞かれたり。(そこはリアルBFとは行ったことがない)
実際、LKFや灣仔にはそういうカップルがわんさといて、全部がそうじゃないとはいえ、スケベな金持ちのおっさんと若いお金目当てのねーちゃんという、ベタな図式が彼らの頭に浮かぶのは致し方のないところ。
ダンナとしては、奥さんである私と3人でいるところを印象付けて、オレたちはリアル父娘であると主張したかったらしい。

さてその効果はあったのか・・・。
IMG_3415.jpg



posted by やすぞう at 08:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする