2016年10月04日

ソコにコレがあるから

IMG_6610.jpg

日曜日、結局行っちゃったよ、西貢。
今回のルートはコレ。
IMG_6558.jpg

2年前にやったとこを逆から攻めてみる。
確か3つ山越えのルートで、3つめの山はもういいやってんで、フェリーでちょんぼして帰ってきたんだっけ。
IMG_6560.jpg

金曜のTwin Peaksの疲れが残っちょるなあ、来なきゃよかったかもなあと歩くこと小一時間。
コレだ。ううう、きれいじゃないかっ。
IMG_6561.JPG

たいていは上りから始まるのだけど、今回は最初に500mほど下る。
キャンプサイトがあったり、(正直なハナシ、この水で泳ぐんかい?)
IMG_6574.jpg

たぶん戦後に打ち捨てられた集落。数十年でジャングルに還ってしまうんだなあ。
IMG_6568.jpg

この桟橋なんかも、たぶんもう使われてない。
IMG_6571.jpg

ここから200mの上り。
金曜の階段に比べたら、楽勝さっ。
とはいえ、疲れのたまった重い脚はなかなかすたすたと動いてはくれない。

割と最近の土砂崩れが2か所ほど。
道は通れるようにしてたけど、また大雨が降ったら絶対ヤバいよ。
IMG_6579.jpg

日曜でけっこう混み合う山道を黙々と6q歩き、一山超えると視界が一気に開けて大浪湾(Tai Long Wan)。
サーフィンできるらしいけど、この日はそれ用のサーフはなし。
IMG_6592.jpg

海の家っぽいお店もあって、ビーチには週末キャンプを楽しむ人たちのテントが並んでた。
(私は基本的にベッドとシャワーがないところでは泊まれないので、キャンプはしませんのよ)
IMG_6593.jpg

ここで思わぬ障害が。
海の家もどきとビーチの間に、池というか水たまりがあって、一本橋が渡してあるのだけど、幅が30pほどしかないのですれ違うことができない。
「ゆずりあい」という言葉は香港人の辞書にのってないもんだから、当然渋滞発生。
IMG_6589.jpg

このおばちゃん、思いっきりドイツ語で悪態ついちょります。
「ちょっと、あんたそこどいてよ。ったく、こいつらは・・・」て、感じですかね。


やっとこさ、私の番が来て、渡り始めたはいいものの、思いのほか渡してある板がたわんでこわいのなんの。
急勾配の上り下りよりこっちの方がよっぽどしんどかった。

このビーチを後にして、もう一山越えて、次のビーチへ。
ここは100mほどの上り。途中のビューポイントからこんなパノラマが
香港じゃないみたいでしょ。
がんばった甲斐があったというものよん。
IMG_6607(1).jpg

次のビーチは、土日祭日にはフェリーもあるので、もっと開けた感じ。
前のビーチの海の家と50歩100歩ではあるけれど、カフェも数軒、サーフショップもあったりする。
DSC08475 (640x425) (2).jpg

ここでまたまた障害が。
本来であれば、山をもうひとつ越えて完了となるのだけれど、フェリーあるぞの看板を見たとたん、ビールの誘惑・・・
負けた・・・。(これだからちっとも減量できない)
なんかコレが一番の目的のような気がするよ
IMG_6616.jpg

日曜の過ごし方としては、最高でしょ。
IMG_6684.jpg

この日歩いたのはこのコース。
























posted by やすぞう at 12:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

苦行

IMG_6513.jpg

日中は30℃越えもあるとはいえ、湿度がちょっぴり落ちて、過ごしやすくなった香港であります。
ハイキングシーズンだあ
手始めに、先週ダンナと西貢方面へ5時間14qのコースを歩きまして、へろへろになったんだけど、あの達成感はやっぱりやみつきになる。
お天気もよかったし、ちょっとこれってほんとに香港なの?って写真も撮れたし。
IMG_6349.jpg

IMG_6326 (2).jpg

ところが、アゲアゲの気分に水を差しやがったのが靴。
初めて買ったハイキングシューズで、これでペルーのサルカンタイトレイルもいけたのに、なぜかつま先があたるようになってしまい、後半2時間はまさに拷問。
歩くのにシューズが合ってなかったら、勝負する以前に詰んだも同然なので、翌日さっそく新しいのを買いに行く。

新しいのをゲットしたら、試したくなるのが人情というもの。
まずは、朝のピークへのウォーキング(ダンナと2週間前から始めた)に使ってみたところ、もうまんたい。
では、もうちょっと厳しいとこでと選んだのが、Twin Peaksと呼ばれるコース。

近所(エントランスはうちから車で15分のとこ)なんで、何回か行ってるんだけど、行くたび後悔するという
全長5qほどだけど、その距離で大小中3つの山越え。
メインイベントが1000段ほど(実際何段あるかは数える気もしない)の急こう配の階段。
どんだけ急かというと、これで少しわかるかな。
転がり落ちると振り出しに戻るんですわ。(再起動は無理)
IMG_6525.jpg

メインの階段前に、別な楽なチョイスもあるのに、なぜに行ってしまうのか。
・・・なんでだろ・・・。

20段登っては休み、私はいったいひとりで何してんだ、ここで?のリピート。
ちいっとは涼しくなったとはいえ、30℃近いし湿度も高い、無風。
着てるものは汗でもうびっしょり。
なんでエアコンのきいた自分ちのリビングで、ジョン・メイヤーをBGMに、ソファで本読んでないんだよぉ?
かといって、もう後戻りはできないし。

自分で自分のおケツを叩いていると、突然視界が開ける。
IMG_6528.jpg

ああ、苦行はこのためだな。
カラダを追い込むと開ける、みたいな。
IMG_6530.jpg

やったじゃん、私。
道中のひぃ〜、も、うへぇ〜も、チャラになって、明日とか来月はいやだけど、一年後くらいはまたやってもいいな。(ほんとか)
最後の下りはこんな感じ。
ペルーのガイドのアリが言ってたことを思い出す。
ゴールが見えたところで、油断する事故が一番多いから、気をひきしめろ。
IMG_6529.jpg

無事に帰還したものの、膝大爆笑。
もう今週はじゅうぶんかなと思ってたら、ダンナが明日西貢方面に行くそうな。
おニューのシューズは大丈夫。
行くのか、私?
posted by やすぞう at 22:49| Comment(0) | ハイキングも楽し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

ディスカバーこぎん

IMG_6118.jpg

ここ数年、数か月ごとに実家のある弘前に帰ってるわけで、何かと目に付く津軽地方に古くから伝わる色々な美しいもの、津軽塗、ブナコ、あけび蔓細工etc...
その中にこぎん刺しという刺し子の技法があるのだけど、これがまあ、シンプルかつモダンなわけ。

こないだ衝動買いした巾着。ケータイと小銭入れを入れるのにちょうどいい大きさ。
小さなものだけど、とても丁寧に仕立ててあって、ひとめぼれ
IMG_6128.JPG

昔、母がやってたのを思い出して、やってみようかと。
ググってみると、いろんなキットが売ってるじゃないの。
初心者がとっつきやすいのは平面的なコースターかと思い、早速お取り寄せ〜。

刺し始めたところ。
図案の中心から刺していくのがおもしろい。
ただ細かい目を数えるのが、老眼にことのほかこたえる
IMG_6109.jpg

ほぼ半分刺し終わったところ。
けっこうシンプルなパターンなので、このへんになるとしょっちゅう図案を見なくてもよくなってスピードアップ
IMG_6110.jpg

完成。
実は一目間違ってるけど、練習作品だからさっ。
kogin.jpg

もともとこういう作業は好きで、編み物だのパッチワークだのクロスステッチだのにはまった時期があったんだけど、老眼が進むにつれ疎遠に。
昔のように、気が付いたら夜が明けていたなんて、もう無理だけど、ちくちくはやっぱり楽しい。
ボケ防止になるかしらん

もうちょっと練習したら、テーブルランナーに挑戦する予定。


posted by やすぞう at 08:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする