2018年02月21日

「ランプの宿」行ってきた

IMG_20180102_071211.jpg

やっと旧正月4連休終了。
人混みがイヤなのと、あったかかったけどお天気がいまいちだったんで、ほぼ引きこもりの4日間。
おかげでロジャのNo.1返り咲きの瞬間や、オリンピックの羽生くん、小平さんの活躍をナマで堪能できました。
天才は才のみにあらず。継続して努力することを厭わない人たち。
しかもその道は凡人の思いも及ばないイバラの道。
羽生くんの「いろんなものを捨ててきた」発言にうるっとしてしまったわ。
心からおめでとうと言いたいのと同時に、
ついつい、彼らの「その後」を心配してしまうのは、トシのせいかしら。
バーンアウトなんかしないで、幸せになってね。

年末年始(旧正月ではなく、本ちゃんの)は、ダンナ、ムスコと3人で日本。
(ムスメはお友達とスイスでスキーだったので、不参加)
東京3泊、弘前5泊の日程で、いろいろとネタはあるのだけど、まずは温泉の話。

今回は2か所チョイスで、そのひとつが「青荷温泉 ランプの宿」。
実家から車で1時間ほどで、十和田湖へ通じる道の途中にある。
電気は通じてない、らしい。
昔から存在は知っていたけど、近いので行ったことがない、灯台下暗しのパターン。

国道102号線から、標識に従って宿に通じる山道に突入。
道が狭くて、これクルマ2台はすれ違えないよなーなんて思いながらも、なんの疑問も持たずしばらく走る。
向こうから宿のものらしきバスが降りてきて、私らのクルマを呼び止めて言うことにゃ、冬期間は一般車は通してなくて、国道沿いの「虹の湖 道の駅」からこのバスで送迎してるとのこと。

ここで謎が氷解。
実はその数時間前、あたりをドライブしていた私らは、トイレを探してそこの道の駅に行っている。
ところが、お店はおろかトイレも全て閉鎖中。
ほぼ雪に埋もれているのに、クルマはやたら駐車しているんで、このクルマの持ち主たちはいったいどこに消えてしまったんだろうと思ってた。
その時、「青荷温泉 送迎バス亭」の看板を見ている私・・・。
まさかすべてのお客さんがバスを使わなきゃいけないとは思ってもみなかった。
駐車場にとめてあったクルマの持ち主たちは、みんな温泉につかってたのね。

IMG_20180101_154549.jpg

私のリサーチ不足ではあったものの、この程度のアクシデントはうちにはよくあることなので、笑い飛ばしていざ温泉へ。
さっき途中まで行った雪の山道へ再び。
6qほどを40分くらいかかって到着〜。

IMG_20180101_162136.jpg

何軒か温泉宿があるのかと思ってたけど、どうもこの一軒だけのよう。(リサーチ不足である)
中に入ると、懐かしいまきストーブが焚かれてて、天井からはオイルランプ。

IMG_20180101_162306.jpg

IMG_20180101_163754.jpg

どうもマジで電気はないらしい。
6畳ほどの部屋には、オイルランプがぶら下がっている。けっこう危ないかも。うちのオトコどもはランプに頭ぶつけそう。
暖房はこれまた昔懐かしい石油ストーブ(においがなんとも)が置いてある。
布団は自分たちで敷く、食事は大広間でみんないっしょに。
トイレ、洗面所は共同。
昔の湯治宿そのまんま。

IMG_20180101_162746.jpg

大広間での食事風景。
おっしゃれーな懐石ではなく、ちょっと贅沢な家庭料理っぽいところがよろしい。
ごはんもお味噌汁(けの汁だ〜。わーい)もセルフサービスでおかわり自由。
糖質制限なんのその。完食。
泊まったのは1月1日だったけど、ほぼ満室だった模様。

IMG_20180101_184358.jpg

お湯は内湯も含めて全部で4か所。混浴もあり。
私は、熱いお湯は苦手で、すぐのぼせてしまうのだけど、ここのお湯は熱くなくぬるくなく、ずっとつかっていられそう。
折しもこの日はスーパームーン。時おり雲間から顔を出す月光を浴びながら、雪見風呂。
なんて贅沢な。

IMG_20180101_165033.jpg

電気が全くないわけではなく、厨房には冷蔵庫が必要だし(冷たいビール大事)、トイレの便座シートはあったかい。
ケータイの充電ができないだけ。
ネットはつながったように思うけど、薄暗いランプの灯りに慣れた目に、スマホのモニター画面の明るさのなんと傲慢なことよ。
私は全く知らなかったのだけど、ここけっこう秘湯として有名らしい。(テレビでも紹介されたんですて)
国中コンビニ状態の日本で、ないないづくしの体験がうけているんであろう。
お湯が気に入ったので、夏にまた来てみようと思う。

余談ながら、帰りのシャトルバスの中で、私のケータイが見つからず。
宿まで片道30分強を戻って探さなきゃならんかなと半泣き。
ダンナとムスコに呆れられ、乗ってきたシャトルバスに再び乗り込んでしゅんとしてたら、ムスコが走ってきて「見つけた!」と。
いつもお財布といっしょのバッグに入れるのだけど、この時はなぜかボストンバッグに入れてたらしいのをムスコ発見。
いやあ、すまんすまん。
羽生くんのような23歳じゃないけど、このハハには十分な23歳であるぞよ。
IMG_20180102_095104.jpg






posted by やすぞう at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

怠け者の免罪符

IMG_6504.jpg

来週末に旧正月(以下CNY)を控え、街中がおめでたい赤&金に染まっている香港です。
が、ここんとこ寒いのよ。
毎朝、ベッドから出るのがつらいつらい。
家が夏仕様のせいか、床の冷たさははんぱない。
あ〜、温泉恋しい。

去年の11月からウォーキング復活。
というのも、この頃目標体重まであと2s、ゴールは見えたあってとこで、うんともすんとも言わなくなっちゃった。
いわゆる停滞期ってヤツですかね。

うちの近所からビクトリアピーク山頂まで約2q。
こんな道をえっちらおっちら。けっこうな急こう配でまじめにやると心拍数150まで上がります。
File 11-2-2018, 07 21 46.jpeg

お掃除のおっちゃんに挨拶し、
餌付けされているけれど決して触らせてくれない野良にゃんこにガンを飛ばされ、
IMG_20171110_075818.jpg

30分ほどで私のゴール、ピークトラムの山頂駅のある広場に到着。
お天気がよければこんなビューが広がります。
IMG_2176.JPG

が、こうだったりすることも。
IMG_20171114_080159.jpg

ひそかな楽しみは、たまに寄ってきてくれるわんこたちをモフモフすること。
IMG_20171105_082526.jpg

IMG_20171104_084541.jpg

雨さえ降らなければ週に5日は歩いてるけど、減量のためというよりも、気持ちの健康のため。
とりあえずやっとくと、その後はだらけた不毛な一日になろうとも、そんなに罪悪感は感じなくてすむのだよ。




posted by やすぞう at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

自己満足でいいじゃんか

IMG_6780.jpg
半年以上も放置しておいて、何を今さら・・・ですが、よろしくお付き合いくだされ。

昨年の5月に、一念発起して始めた糖質制限と筋トレ。
そろそろ4クール目が終わります。
体重はマイナス5s、体脂肪率はマイナス4%。
ほぼほぼ目標達成。
太ももから上がらなかったジーンズ、ファスナーを閉められなかったスカートなど、廃棄寸前だった洋服を救うことができました。
誠に喜ばしいことでありますよ。

ほんとにきつかったのは、最初の6週間。
糖質制限食にカラダ自体が慣れるまで2週間くらいかかったかな。(一時的に低血糖状態になったんだと思う)
食欲を抑えるのも、なかなかの苦行。
ジムではトレーナーにおけつをたたかれ(実際にたたかれたわけではない)、すきっぱらを抱える50半ばのおばちゃんの姿は、さぞかし滑稽であったであろう。
でも、あのまま何もしないでいたら、今もシャワーカーテンのようなチュニックしか着られず、鏡を見てがっかりする自分がここにいるのかと思うと、いやあ、抜け出せてよかったとしみじみ思うのよ。

現在は、糖質制限もかなりゆるゆる。
家では、炭水化物はほとんど摂らないけど、外食する時はありがたく食べちゃう。
お酒もほぼ毎晩ワインをいただいております。
あんまり増えなくなったし、増えたとしても簡単に戻せるようになったのがうれしい。

まあ、5s落としたとはいえ、別にスーパーモデルのようなスレンダーなカラダになったわけではなく(だいたい元がそんな体形じゃない)、いわゆる標準値枠の真ん中で、テニスを毎日やってた頃の数値。
欲を言えば、体脂肪率をもうちっと落としたいので、トレーニングはもうちょっと続けます。

ちなみに筋肉量はトレーニングを開始した時とあんまり変わってないの。
週に2〜3回やってんのに。
元々、筋肉のつきにくい体質なのか、年齢のせいかわからないけど(たぶん両方)。
シックスパックを披露できそうにないけど、なんもやってなかったら、どんどん筋肉減ってたかも。ひーっ。









posted by やすぞう at 19:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。