2015年01月18日

フランケンシュタイン

IMG_5140 (640x366).jpg

昨日ダンナとロンドンのNational Theatre Liveを見に行ってきました。
(舞台を映画館のスクリーンで見るってやつね)
演目は「フランケンシュタイン」。
博士役とモンスター役を、あのシャーロックのベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラーが交互に演じてます。
実は先週、ひとりでカンバーバッチがモンスターを演じたバージョンをひとりで見ちゃいまして。
あんまりよかったんで、あんたも見なはれとダンナを引っ張って、別バージョンを。

舞台のすばらしさは、一発勝負だから、役者さんたちの力量がびりびりとダイレクトに伝わってくるところ。
この主演のふたりのうまさはハンパないです。
貴公子っぽいカンバーバッチのモンスターもいいし、ミラーのやんちゃなモンスターも捨てがたし。
博士の婚約者役の女優さん、どっかで見たことあると思ったら、こないだ007のSkyfallでEve Moneypennyやってた人でした。

この舞台、ナマで見たらもっとすごいだろうなあ。
見たいなあ。
ダンナよ、ロンドン行こう!



posted by やすぞう at 19:01| Comment(0) | アートでござる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

テレプシコーラの世界

opera de bordeaux1.jpg

ほとんどの女の子たちは一度はあこがれるバレリーナ。
今はこんなすれっからしになってしまったけど、私だとてトウシューズとチュチュを夢見たことが一瞬あった。
香港に来てから、おもしろそうなバレエ公演に足を運ぶようになったのだけど、多分に山岸涼子の「テレプシコーラ」の影響があるかな。
(よってバレエの知識もそこからの受け売りがほとんど)
今回のBallet de l'opera de Bordeaux(ボルドー・オペラ座バレエ)の演目は、まさにその世界。
クラシック中のクラシック、マリウス・プティパ版で、

・「パキータ」第三幕
・「ドンキホーテ」第三幕パ・ドゥ・ドゥ
・「白鳥の湖」第二幕パ・ドゥ・ドゥ
・「眠れる森の美女」第三幕パ・ドゥ・ドゥ
・「ライモンダ」第三幕

ね、おいしいとこばかり。
全幕を通じて見るのもよいけど、私のような素人に毛が生えたくらいのファンには、うれしい限り。
おとぎ話の絵本をめくるような舞台に、思わず微笑んでしまうのであった。

「パキータ」と「眠れる・・・」のオーロラ姫は日本人のYumi Aizawaさん。
「眠れる・・・」の最後の決めのポーズのとき、パートナーのひざから滑り落ちそうになり、一瞬床に手をついて、ひやっとさせられたけど、何事もなかったのようににこやかに立て直したのはさすが。
がんばれー。

ドイツから姪っ子とその友達が香港に来てて、うちは引越し準備の真っ最中でとっちらかっているんで、今回はホテルに泊まってもらった。
そのホテルにバレエ団のみなさんも滞在してて、朝食がいっしょの時間だったんですて。
やはり彼らの食事はひじょーに「ちんまり」したものであったそう。
あの美しいボディを保つには、欲望にまかせて食らっていてはいけないのだねえ。


さて、昨夜、フェデラー様がじょこ(悔しいけど、彼は強かった)に負け、今年のRGは終了しちまった。
私は引越しに専念することとしよう。






posted by やすぞう at 09:34| Comment(0) | アートでござる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする