2015年02月01日

Lily Allen in HK

IMG_5418.jpg

昨夜はLily Allenのライブに行ってきました。
ちょっと前に街で偶然ポスターを見かけて、行きた〜いと思ったんだけど、腰痛持ちのおばさんにオールスタンディングはちとしんどい。
ムスメに介助係を打診したところ「行くぅ〜揺れるハート
IMG_5176.jpg

セリーナがチャンピオンシップポイントをサービスエースで決めるのを見届けて、家を出ました。
会場は先日のぶー様と同じ、空港近くのAsia World Expo。
同じホールでしたが、オールスタンディングだし、ぶー様より規模が小さいんで、パーティションで仕切ってこじんまりと。

哺乳ビンが並んだステージの真ん中にDJブースがあり・・・あれ、バンドは?

・・・来てませんでした。
ぶっちゃけて言えば、カラオケショーなわけですが、わけわからんダンサーだの派手なステージしょって口パクされるよりましかと。

このコ、かわいい顔してるのに、口を開くと問題発言がぽんぽん飛び出てくるので有名。
歌詞も、テレビやラジオだとぴー音だらけになるのが確実。
でもなんか憎めないのは、表裏があまり変わらないキャラのせいかしらん。

アンコール最後は、客席から2人あげて、Fxxk You!の大合唱。
いやあ〜、楽しかった。
IMG_5454.jpg

ところで、会場のAsia World Expoまでは、エアポートエクスプレスで約30分。
片道100HKとちと高いんだけど、こういうイベントに行く場合は、なんと往復57HKとほぼ4分の1になるサービスを始めたんですて。
やるじゃん。
こないだのぶー様の時は気が付かなんだ。損した。ぶー。




posted by やすぞう at 12:03| Comment(0) | 音楽のない生活なんて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

ぶー様来港

IMG_5287 (640x241).jpg

「魅惑の歌声」という歌謡曲的な表現がぴったりのマイケル・ブーブレのライブに行ってまいりました。
お客さんの年齢層はやっぱり高め。オトナのパーティでございます。
私の席は前から4列目で、飛び散る汗まで見えるというすばらしさ。
(これはビッグスクリーンの写真ですが)
IMG_5312 (480x640).jpg

うっとりヴォイスもさることながら、2枚目半なキャラで場を盛り上げ、セキュリティとバカなお客の小競り合いもさらりと収めるところなんか、とってもスマート。
やるなあ。
ハートシェイプの紙ふぶきを飛ばしてみたり、
IMG_5304 (640x480).jpg

ステージの床が持ち上がったかと思うと、彼もいっしょに高みへ。おお。
(もっとも、これはラメのジャケットを着てたため、私の目には新郎新婦がゴンドラに乗って入場と同等に見えてしまったのだけど。ラメジャケットはいかんよ)
IMG_5309 (480x640).jpg

アンコールのラストではマイクなしの肉声で。
ちょびっとですが、おすそわけ。


昨日は、大気汚染がひどくて、私なんかちょっと湾仔に行っただけで頭が痛くなっちゃった。
ぶー様の喉はだいじょうぶだったかしらん。
次に来るときまで、もっときれいな空気を提供できるように、中国共産党よ努力したまえ。

ところで、香港のこういうコンサートは、だいたい8時ころに始まります。
(しかも絶対メインが出てくるのは1時間以上後)
昨日は11時半近くに終わったのだけど、電車の駅へ向かう通路はこの通り。
しかもセントラルでなかなかタクシーが来なくて、家に着いたのは1時過ぎ。ふう。
IMG_5318 (640x480).jpg
posted by やすぞう at 12:57| Comment(0) | 音楽のない生活なんて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

Street Life

streetlife.jpg

先日CrusadersのJoe Sampleが逝ってしまいました。
多感な10代20代に親しんだミュージシャンがまた・・・。
さびしいかぎりです。

高校時代に、それこそレコードが擦り切れるほど聴いたStreet Life。
歌っているRandy Crawfordの声が好きで好きで。
プレイリストを作るとき、はずせないヴォーカリストのひとりです。
2000年代に入って、Joe SampleやSteve Gaddと同窓会的なアルバムを作ってるけど、ソロではやってないんだろか。

ハナシは変わるけど、それこそ高校大学時代にとってもお世話になった方にFacebookで再開。
初めて会ったのはおそらく17歳の頃。(げ、今のムスメのトシじゃん)
当時足しげく通っていたJAZZ喫茶のマスターの奥さんで、17歳の制服を着た私の目には、とってもオトナなお姉さんだったのだけど、その彼女もその頃20代前半だったのではないかと。
最後にお目にかかったのはいつだろう。25年くらい前?
光栄なことに、まだ私のことを覚えていてくれてました。(ナマイキなくそガキだったからなー)
今もJAZZ屋さんをやっているそうで、今度帰省したらぜひ訪ねようと思います。

さて、今日はCrusaders&Randy Crawford祭りだな。


posted by やすぞう at 09:34| Comment(0) | 音楽のない生活なんて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。