2019年07月06日

もうひとつの痛いハナシ

IMG_3331.jpg

先日、日本人整体師の施術を受けたのです。
カラダの右半身のコリがはんぱじゃないそうで、坐骨神経痛もヘルニアからというより、筋肉のコリが原因のように思われるとのこと。
約1時間の施術で、気になる痛みもしびれもなくなり、ラッキーと思っていたら、数時間で元に戻っていた・・・。
しつこいなあ、もう。

痛いのは私ばかりではない。
ここ数年、子供たちが家から出て行ったのをいいことに、2ヵ月に1度はどこぞに出かけてる。
今年もすでに、1月にフィレンツェ、3月に京都、4月にオランダ、5月に実家てな具合。

痛い目にあったのはフィレンツェ最終日。
お天気はあんまりよくなかったんだけど、オフシーズンてことで、比較的ツーリストも少なく、ウフィツィすら並ばずに入れた幸運に舞い上がったダンナと私。
丸々1週間、フィレンツェを気が向くまま堪能したのであった。
問題の日は日曜で、私らは午後便でフィレンツェからフランクフルトに飛ぶ予定。
12時のチェックアウトまで、ちょっと散歩しようとホテルからウフィツィ方面へ。
日曜でお天気も良かったので、シニョーリア広場は人出が多かった。
IMG_3298.jpg
そこからウフィツィ美術館の偉人たちの彫像を眺めながら、アルノ川へ。
ポンテ・ヴェッキオをバックに2人でセルフィ撮った直後、ダンナが「やられた!」

・・・財布すられた・・・

セルフィ撮ってた時、私の真ん前にバックパックをしょったツーリストがコンデジでウフィツィの建物を撮ってて、なんでだかそのバックパックをぐいぐい私に押し付けてくる。
私がダンナに「この人すんごい失礼なんだけど」と言ったら、ダンナが私をかばって、そいつと私の間に割ってはいったの。
後から思えば、その時。
私らはバックパックの輩を含む数人に囲まれてて、ダンナの注意が私に向かった瞬間にすられたと思われる。
明かにプロの手口。
少し前から目を付けられていたってのも、腹立たしい。

その後すぐにホテルに戻り、カードの類のキャンセル作業。
(警察には行かなかった。行ったところで何が戻ってくるわけじゃなし)
実害はキャッシュが香港ドルで1000HKDほど(15000円位)、クレジットカードやらバンクカード数枚と運転免許証。
パスポートとユーロは別にしてあったので無事。
盗った方も大した儲けにはなっとらん。
一番の被害はダンナのプライドをズタズタにされたことですかね。
しばらく声をかけるのもはばかられるほど、機嫌が悪かった。
そりゃ、そうだ。ふだん、ことあるごとに「日本人はこれだから・・・」と、私の無防備さを叱りつけている自分がやられちまったから・・・。

ちなみに、再発行に一番手間と時間がかかったのが、ドイツの運転免許証。
ドイツに現住所がなかったてのが原因らしいけど、5か月かかっちゃったよ。

シニョーリア広場をパトロールするお巡りさん。
ちゃんと仕事しとるんかい?
IMG_3300.jpg





posted by やすぞう at 10:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。