2017年06月24日

ロジャまみれの週末

5102E7DA-6480-461E-A350-C431336CDCCB.JPG

今年も来ちゃったよ、Gerry Weber Open。
去年は確か、水木二日間を観戦したと記憶しているのだけど、今年はリスキーにも金土日の3日間のチケットをゲット。
私の唯一の目的はロジャ戦を見ることなので、それまで勝ち残っててくれないと、3日間ビールに溺れて先日の6週間断酒の成果もふいになるぅ〜。
神頼みならぬロジャ頼み。いや、マジで。

念ずれば華開く。
昨日のQFは去年の優勝者マイヤーと。
H2Hはロジャの負けなしだけど、こればかりは・・・ねえ。
・・・余計な心配でした。
63 64 わずか1時間6分でさっくり。

QFの4ゲーム、みっしりと見て来ましたが、ロジャ以外の注目はツヴェレフ兄弟の弟サーシャ。
昨日の第4試合でスペインのアグートと対戦。
若さゆえのゴリ押しテニス、しょうもないミスも多いけど、可愛いから許す。
兄ちゃんのミーシャとのダブルスでも勝ち残ってます。

久しぶりにテニスを集中して見たけど、つくづくテニスってメンタルスポーツだと思う。
大事なところでよぎる一瞬の迷いや不安が、その後の展開をガラッと変えちゃう。
そこにつけ込む勝負師としてのセンス、つけ込まれたらさらに挽回しちゃろうというエゲツなさにときめくのでありますよ。

さて、今日は第1試合からロジャvsカチャノフ。
大丈夫とは思うけど、油断しちゃダメよ。
ゲームとしておもしろいのは、サーシャvsガスケ戦かな。
ピチピチ20歳のパワーテニスと芸術の域に達したバックハンドの対決。
楽しみだあ。

それまで空席が目立っていたスタジアムもロジャ戦になると満員御礼。
IMG_1511.jpg
posted by やすぞう at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする