2017年05月18日

シュパーゲルとウィンナーシュニッツェル、及び、独逸民の胃袋について

IMG_0156.JPG

ドイツ国民が愛して止まないシュパーゲル(Spargel、ホワイトアスパラ)のシーズンは4〜5月。
スーパーや特設屋台で、1sあたり10€前後(1200円位)で売られてる。
ちなみに、香港の某スーパーでは2本(sではない)で35HKD(500円)という驚異的なプライスで、手に取ったものの、即行棚に返却。
あっちにいた間、3日に1度は食べてたので、来年までいいや・・・。

一般的な食べ方は、皮をむいて柔らかくゆで(あっちには専用ピーラー、専用お鍋まである)、オランデーゼソースをたっぷりかけて。
付け合わせは、サーモンだったり、
A6EF1B74-752E-4B42-96F1-19E505DFFE51.JPG

ハムだったり、ステーキだったり。
盛り付けでわかるように、メインはあくまでもシュパーゲルIMG_0339.JPG

太さにもよるけど、一皿6〜10本出てくるよ。
シュパーゲル自体はほとんど水みたいなもんだけど、要注意がソース。
9割がたバターだし、あれ。

ウィーンで、ハムを巻いてパン粉をつけてフライにしたものを食べてみたんだけど、私的にはハズレ。
サラダやスープもあるけど、オーソドックスなのが一番美味しいと思うな。
期間限定なので、この時期ドイツ付近に行ったら絶対試してみて

ウィーンといえば、ウィンナーシュニッツェル。
BFB10E4C-25DC-4168-AA72-7A9EDDBDB469.JPG

今回、私は食べてません。
なんせあの大きさ。
ディナープレートからはみ出るぐらいがレギュラーサイズ(上の写真のお皿は普通のディナープレートよりでかい)で、見ただけで胸やけもん
ダンナのお皿から一切れもらって終了。
前もムスメと一皿シェアしたけど食べきれず、ヘルプ要請したっけな。

ところが、だ。
とんでもない話を聞いてしまった。
ダンナの会社の同僚4人でウィーンで晩ごはんを食べに行き、うち3人がメインにウィンナーシュニッツェルをオーダー。
食事が終わり、ウェイターがデザートはいかがと聞きにきて、シュニッツェルをオーダーした3人が顔を見合わせ、「では、シュニッツェルをあと2つ・・・」。
独逸胃袋、恐るべし。
posted by やすぞう at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。