2016年03月28日

早起きは三文の得なのか

IMG_2418.jpg

最近の日の出は6時半ごろ。
イースター連休最終日の今朝、ちょうどいい時間に目が覚めたので、日の出の写真を撮りに行こうと思い立ち、愛機EOSをひっつかみピークへ。
パーキングに車を止め、外に出ると月がまだ出てたので、一枚撮っとこ、と。

・・・メモリーカード入ってない・・・

またしてもやってしまた。私はサザエさんか
ない袖は振れぬ。
しょうがないからあいぽんで。
IMG_2413.jpg

家に帰っちまおうかと思ったんだけど、お日様がいい感じなので、私の日の出撮影スポットをいくつかまわってみることに。
あたりまえだけど、時間帯や季節によって太陽の位置は変わるので、いつも見えるところで見えなかったり。
IMG_2451.jpg

思いついて、ヴィクトリアハーバーはどんな感じじゃろ、と。
前々から試してみようと思ってたんだけど、腰が重くてなかなか持ち上がらずにいたとこを今こそまわるのだ

歩道橋の上から。ここは思った通りの絵。
IMG_2426.jpg

観覧車を入れず、ハーバーとビルのシルエットが入るところへ移動。
IMG_2430.jpg

さらに桟橋の先端へ。ほほう。
IMG_2435.jpg

これは絶対EOS持ってこないと。
早起きしたけど、メモリーカードを忘れたせいで、三文得するはずが逆に損失。
転んでもただは起きぬポリシーで新たな撮影スポット開拓して、二文利得てとこか。

やっぱり自分の足で歩かないといかんね。
IMG_2438.jpg



posted by やすぞう at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

初高尾山

IMG_2078.jpg

ムスコと鎌倉で一泊した後、東京に戻り、翌日は高尾山へ。
(ムスメだとショッピングで一日つぶれるけど、ムスコには女子ワザは使えず。苦肉の策)
東京には10年も住んでたくせに、行ったことがありません。
当時はナイトアクティビティに心血を注いでいたもんなー。
だいたいどこにあるのよ、高尾山

ネットで調べてみると、渋谷から電車で1時間ほどで行けるとな。
高さは599mだから、ピークよりちょい高め。
楽勝だけど、ヒザと腰に爆弾抱えている身としては、足元の装備はがっつりと。
香港からハイキングシューズ持参しましたよ。

前日の雨模様から一変して、この日は晴天、しかもあったかい。
ふだんの心がけがいいからか
青空に白梅が麗しい。
IMG_2079.jpg

山頂へのコースはいくつかあれど、私たちは一番難易度の低い1号路をチョイス。
しかもリフトを利用という軟弱ぶり。
ところがここに落とし穴。
私にとっては、リフトがとんでもないシロモノでありました。
シートベルトもなければセイフティバーもなし。
ただでも高いところが苦手なのに(深く潜るのは平気だけど)、浮遊感を楽しむどころの騒ぎではなく、となりでムスコが身じろぎするたびに「ひ〜っ」
恐怖の12分でありました。

そのあとは順調に。
IMG_2100.jpg

高尾山て天狗の山だったのね。
IMG_2101.jpg

残念ながら頂上からの富士山はガスって見えませんでしたが、
「えー、ボクがやるの?」と、しり込みするムスコにマネーロンダリングさせ、金運アップ。
IMG_2133.jpg

名物とろろそばは、はずしてはいけない。
おそばにあるまじき太さでありましたが、素朴なお味。
お店によっていろいろ違うのかな。
IMG_2137.jpg

友人が教えてくれた天狗焼きもね。焼きたてのあっつあつ。美味しかった
IMG_2153 (1).jpg

下山途中で見つけた「腰痛平癒」のお堂。
これはお参りせねば。でも100円じゃ足りなかったか。
IMG_2148.jpg

こんないいところに今まで来たことがなかったなんて、なんだか損した気分。
次回はリフトなんぞでズルせずにちゃんと登ります。
よって、ダイヤモンド富士とまではいかずとも、ちゃんと富士山見せてくださいねー。



posted by やすぞう at 18:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

Voice of the Air

IMG_2356.jpg

土曜の夜は私のDiva、Lisa Fischerのライブコンサートへ。
彼女の声をなんと表現しようとずっと考えてたんだけど、うまい言葉が見つかりません。
不調法ものでごめんなさい。

頭に浮かぶイメージは、鳥の群れが形をめまぐるしく変えながら、大空を飛翔するさま。
歌のうまい人はたくさんいるけれど、聴く人それぞれの心の引き出しを開けてしまうシンガーは少ないと思う。
癒しというよりも、むしろざわざわしてしまったわ、私の場合。
それがちっとも不快じゃないのは、彼女のキャラクターのせいかも。

残念ながら、彼女の名前で出ているアルバムは1枚だけで、それは当時はやりだったR&B路線のもの。
今のユニットでの音楽はYouTubeで聴けるけど、アルバム出してほしいな。

この夜、香港のヴィクトリアハーバーは深い霧にすっぽりと沈んでしまいました。
対岸が見えないほどって、私初めてだったわ。
IMG_2352.jpg

posted by やすぞう at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする