2016年02月27日

内に組み込まれたもの

IMG_1877.jpg
(安売りのチューリップだったがため、購入翌日には全開。何の花だかわからないほどに開ききったその姿もいとおしい)

日曜の夜に日本から戻ってきてから、一度もお日様を拝んでいません。
香港はいまだに寒くて、ガメラはプチ冬眠から起きてこないし、私は私で腰痛が悪化。
(実家の布団が硬すぎたのではないかと疑っちょります)
数年前の坐骨神経痛の恐怖がよみがえり、昨日は一日中引きこもり、軽いストレッチをおっかなびっくりでやってみたり。
おかげさまで、今朝は昨日よりずいぶん良くなり、ほっとしてます。

話変わって、アカデミー賞発表が近くなるこの時期は、話題の映画がいっぱいで、つい映画館に足を運ぶ回数が多くなっちゃう。
先日はCarol、The Danish Girlを見てきました。
どちらもLGBTのお話。
今でこそ同性婚が認められたり、トランスジェンダーについて知識も理解も進んでいるけれど、まだまだ偏見も多く、なかなかカミングアウトできない人もたくさんいるってのが現状かと。
現代でさえそうなのに、100年前200年前のLGBTたちの生活がどれほど困難だったか容易に想像がつくというもの。

20人に1人とも10人に1人とも言われてるLGBT、そのバリエーションも多岐にわたるとのこと。
種の存続という点からは矛盾しているけれど、この高い確率が表すものは、私たちの誰もがその因子を持っているということではありますまいか。
これだけ多様化している世界ですもん。
好きになれ、理解しろとは言わないけれど、自分と違う人たちがいるということを認めないとね。

さて、主演男優賞のオスカーの行方。
The Danish Girlのエディ・レドメインにあげたい。
・・・でも2年連続だからなぁ。
レオがもらっても文句は言わないわよ。








posted by やすぞう at 11:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする