2018年09月18日

台風一過

先週末、香港はスーパー台風Mangkhutが大暴れ。
日曜は外出どころか、家の中にいてもびびるほどの暴風雨。
ネットで拡散されるとんでもない動画の数々・・・https://youtu.be/Xc7ACyXGhrI
これで犠牲者ゼロって、すごくない? さすが台風慣れしている香港人。

なんでも歴代最強の台風だったそうで、翌日月曜の朝の倒木の様子を見て納得。
016.JPG

うちのバルコニーから香港動植物園が見えるのだけど、妙にスカスカなのは、木の上部が引きちぎられているから。
園内は今日現在立ち入り禁止。
IMG_8161.JPG

月曜朝の交通は大混乱だったけど、現在はほぼ通常通りに回復した模様。
と思ってたら、いやいやいや・・・
うちのすぐ上の通りなんだけど、倒木がまだ片づけられてない。
IMG_8164.JPG

IMG_8168.JPG

これなんか某高級マンションの基礎部分。
IMG_8173.JPG

このあたりは、こういう石垣に根を張った大木がたくさんあるんだけど、根こそぎ持ってかれちゃったらヤバい。
道路が崩れちゃうんでは?
IMG_8162.JPG

もしやと思って、いつものピークへの登山道にまわってみた。
見事にふさがってる。
通れないことはないんだけど、折れた枝が落ちてくる可能性はあるので、危うきに近寄らないのが賢明。
IMG_8180.JPG

うちはサッシのレールから少し浸水しただけですんだけど、もっと深刻な被害を被った方々がたくさんいます。
一日も早く、元の生活に戻れますように。







posted by やすぞう at 22:34| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

アフリカ行ってきた その2~キリン

火曜に受けた歯周病の治療が思いのほか大変で、フラップ手術になってしまったので、10日後の抜歯まで左側で思いきり噛めなーい。
幸い、術後の腫れもなく、痛みもほとんどない。
が、一回にいつもの半分くらいの量しか口に入れられないし、もぐもぐもいつもの2倍の時間がかかるんで、なんともまどろっこしい。
旅行で増し増しになってしまったウエイトを減らすには有効かも、だけど、なんの罰ゲームか(泣

アフリカの話に戻る。

サファリの朝は早い。
5時半にモーニングコールで起こされ、日の出とともに出発。
眠い、しかも寒い。(南半球は今は冬。初春てところ)
でも、毎朝映画のような日の出を拝め(頭の中ではライオンキングのテーマが鳴り響く)、早朝でなければ見られないシーンに出くわす確率も高いってこと。
まあ別に特別なものを見られなくてもかまわないんだけど、私は。
こんな朝日をしょったキリンも撮れちゃうし。
IMG_0141.jpg

私たちのロッジ周辺はキリンが多く、ふつうに道端にいる。
ふだん野良ねこを見る確率よりずっと高く、キリンに会えるっておもしろい。
IMG_0021.jpg

逃げません。気にはしてるけど。
IMG_0025.jpg

それにしても、見れば見るほど不思議な動物だー。
ムスメ曰く「みんなユニコーンみたいな変な動物はいるわけがないって言うけど、キリンの方がよっぽど変だ」
全くその通り。
こんなに首は長いのに、頸椎の数はヒトと同じで7個なんですと。
ひとつひとつが大きいんだねえ。
IMG_7561.jpg

草食動物の常として、一日中もぐもぐしてるけど、見てて飽きない。
まったりと、平和・・・。
IMG_0254.jpg

ちなみにこれがキリンの頭蓋骨。
ちゃんと角まで骨です。
左がオス(おでこの骨が出っ張ってて角の先っちょがふくらんでる)、右がメス。
IMG_0028-Edit.jpg

上はロッジに飾ってあったものだけど、サファリで現物を発見。
まわりにはハイエナの足跡がいっぱい。
キリンのオトナが襲われることはあまりないので、おそらく病気かケガ、老衰で倒れたのではないかと。
IMG_0483.jpg

こんな感じで散らばってた。
なんだかトロフィーハンティングの記念写真みたいになっちゃった(汗
IMG_0488.jpg

おまけ。
ロッジの水場に来たキリン。水を飲むんだろうなと思って見てたら、その用心深いこと。
確かにこんな無防備な姿をさらすには、120%の安全を確認してからじゃないとね。
お水飲むのも命がけ。























posted by やすぞう at 16:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

アフリカ行ってきた その1

IMG_0250.jpg

前回のアップよりまたまた半年以上あいちゃった。
お正月の日本の後、1月に東京、3月に東京、弘前、4月はベルリン、ミュンヘン、ポルトガルはリスボン、スペインのマドリッド、5月は東京、京都、6月に北海道と、ほぼ毎月どこぞに飛んでいたという次第。
疲れないかと聞かれるけど、正直なところ、疲れるわー。
特に時差のあるところは。
ところが、帰ってきて1週間くらいすると「今度はどこにいこ?」てな気分になるわけで。

今回は、恒例の夏休み家族旅行でして、まずスイスのチューリヒで友人カップルのウエディングパーティに出席。
熟年バツイチ同士のカジュアルで楽しいパーティでした。
IMG_7017.jpg

その後、レンタカーでドイツ入りして、ダンナの生まれ故郷オッフェンブルグに寄った後、ダンナが仕事するってんでハイデルベルグで数日。
IMG_7239.jpg

そこからミュンヘンに走り、子供たちと合流して、南アフリカへ。
IMG_7541.jpg

あたりまえだけど、ドイツは北半球の北、南アフリカは南半球の南端。
時差こそないけど、ミュンヘンからだと約10時間半かかる。(香港ーミュンヘンと同じくらい)
夜便なので、寝て起きると着いてるけど。

ヨハネスブルグから国内線に乗り換えて、クルーガー国立公園近くのフッドスプロイド空港へ。
まずサファリ。今回はクルーガー公園に隣接するティムババツィ保護区(Timbavati Game Reserve)にて。
ここはプライベートの保護区で、クルーガー公園とどこが違うかというと、公園内は決まった道路しか走れないのだけど、プライベートの中だとオフロードもいけちゃう。(よって、動物たちにより近く寄れる可能性が高い)
しかも「隣接」というのがミソ。
公園と保護区の間にはフェンスはないので、動物は自由に行き来できるってこと。
Google Mapかなんかで見てもらうとわかりやすいんだけど、クルーガー公園の周りには、プライベートだったりパブリックだったりする保護区がたくさん。
公園に隣接しているところには、公園と同じ動物がいて、ほぼ昔からの自然状態。
そうじゃないところは、後から動物を入れたりしているので、まあ巨大なサファリパークって感じですかね。

泊まったロッジ、Kambaku River Sandsは保護区内にあって、フェンスで囲われているわけではないので、夜間は勝手に出歩くのは禁止。
実際、敷地内に、こ、これは誰の落とし物でしょう?といった物体が転がっているので納得。
IMG_7654.jpg

IMG_7671.jpg

コテージは10戸。サファリロッジとしては標準的な規模でしょうか。
IMG_7652.jpg

中はこんな感じ。ベッドがハネムーン仕様でしたが、私はムスメといっしょ。
(うちはオトコ組、オンナ組に分かれます。モメ事が最小限で済むので)
IMG_9859.jpg

窓の外はブッシュ。のぞくのはゾウかはたまたキリンか。
IMG_9860.jpg

レストラン、バー、スイミングプールがある大きな共用コテージからは、ブッシュが見渡せる。
IMG_7563.jpg

IMG_7564.jpg

IMG_7565.jpg

少し離れたところに水場があって、ここに動物たちが水飲みに来たりするのかななんて思ってたら、なんとゾウの群れがほんとにやってきた。
まじか。
IMG_7567.jpg

スタッフの話では、プールの水も飲みに来るそうで、当初は消毒剤を入れてたけどやめちゃったんですと。
(その話は数日後に証明された)


・・・その2に続く(たぶん)






posted by やすぞう at 14:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。